新しいワーク「ツインドラゴン」をはじめます。

先日5月に、日光山中禅寺で私を守り導いている龍神「瑞龍」との出会いから約2か月。

 

新しいワークを始めるよう、ずっと瑞龍に背中を押されていました。

瑞龍をはじめとする龍神たちがわたしに「人と人とをつなぐ。信頼して関係を築き上げる。そのうえで、各人が自分に気づき成長していく手助けをしなさい」と、日々私にメッセージを送り、見せてくれています。

 

人は、一人では生きていけません。

自分一人でなにかに立ち向かっているように思えても、自分が今こうして生きていられるのは両親、祖父母、先祖がいたからです。また日々のさまざまなことに向き合っているときでも、姿は見えなくとも、友人知人、家族が静かに支えてくれているのです。

 

そのことをきちんと受けとめ、感謝し、自分というものを見つめなければ、どんな悩みも問題も、本質的には解決しない。そのことを龍神たちは毎日毎日私に教えてくれています。

 

この教えを、気づきを、私だけでなく、ご縁でつながってくださる皆さんに私は伝えていく使命があると思いました。

 

日光山にいる、鳴龍・瑞龍。この2龍の名前から、これからお伝えしていくワークを「ツインドラゴン」と命名し、みなさんにお教えしていきたいと思います。

 

「ツインドラゴン」を通じて、出会った皆様が、それぞれ大切な人と結ばれ、一緒に生きていることの意味に気づき、さらに各個人として、より心地よく毎日が過ごせますようにお手伝いしていきます。

 

 

今後とも、瑞葉(みずは)ならびに「ツインドラゴン」をよろしくお願いいたします。

 

 

2014年7月吉日

 

ツインドラゴン主宰 瑞葉(みずは)